きち日記

kitiniki.exblog.jp

ただの日記。ただの日常。平凡万歳。

ブログトップ

笑いの世界と、本の世界。

『本所おけら長屋』新刊刊行記念<落語付き>トークショーが、
神保町の東京堂書店で開催された。
800円で、トークショー&ワンドリンク&落語1席付き。
なんておいしいんだ!

1部は、著者・畠山先生と盛岡のカリスマ店員・田口さんのトークショー。
盛岡の本屋で突然サイン会を実施……してみたはいいけど、
1時間半で4人しかこなかったという話など披露される。
この田口さんの本屋さんが、おけら売り上げ全国No1らしい。

そのあとの飲み会で、この田口さんとちょこっと話したのだが、
本屋さんたち&出版の人たちは、よく飲み会をしてるという話をしてくれた。
特に名古屋の飲み会が激しいとか。
ほっほーう! わたしの本屋のイメージに、酒はなかった!

2部は、立川談慶師匠による、古典落語の大ネタ「らくだ」。
以前、春風亭一之輔師匠の「らくだ」をみて、
ヤクザものと屑やさんの凄みに、感動しまくったのを思い出す。

e0349600_20324438.jpg

談慶師匠のヤクザも怖い! ていうか、めっちゃ怖い!!
なんだ、あの目つき!!! 普通にびびりまくりだよ。。
途中まで散々、ヤクザさんで怖がらせながらも、
最後の屑やさんがキャラチェンジするところがおもしろくて。
また見に行きたい〜!

3部は、畠山先生と談慶師匠、そして田口さんのトークショー。
「らくだ」で15分も押してしまったため、あっという間に終わってしまった。
畠山先生のトークは、ぼけ・つっこみが完璧でおもしろい。

e0349600_20325233.jpg

本筋とは関係ないんだけど。

“笑い”って空気を読んだり、相手のことを気遣う技術なんだなーと、
いつも、畠山先生やそのまわりの人たちをみて、勝手に思う。
いい笑いをくれる人たちって、人の心に敏感で優しい人なんだろうな。

(私が密かに応援してる天どん師匠も、気遣いの人だしね!)

その後の打ち上げには、書籍世界のひとがいっぱい!
異業種にびびった私は飲みまくり、酔いまくり。
途中から記憶があやふやです。。。

絡んじゃったひと、本当にごめんなさいね……反省。

by kitikitinikki | 2015-10-09 20:40 | 出来事