きち日記

kitiniki.exblog.jp

ただの日記。ただの日常。平凡万歳。

ブログトップ

【本ログ】フィクション満開。古代中華大河ロマン『女王の花』。

小説、マンガ問わず、歴史物が好きだ。
最近知ったマンガでHITしたのが和泉かねよしの「女王の花」。



古代中国風な歴史もの。
現在は、美人な女の子王女さまが、イケメン金髪碧眼奴隷と一緒に
ラブラブ問題を抱えつつ、女王になりにいく途中。
ジャンルとしてはれっきとした少女マンガ。
夏には12巻目がでるそうだ。

冒頭から、19歳で女王になると宣言されているので、
女王になったあとまで物語を描いてくれるのか、
どんな展開になるのか楽しみな作品。

リアル歴史物じゃなくて
ワクワクするのは久しぶり。

この和泉かねよしさんの他の作品もみたけど、
個人的にはこれがダントツの面白さ。
大人子ども、貴族平民奴隷、さまざまな地位の人が
様々な思いで入り乱れる様というのは
やはり面白い。

人間というのは立場が変われば思惑もかわる。
視点も世界も変わる。
それが入り乱れるマンガには、
とてつもない魅力を感じるのだ。

by kitikitinikki | 2015-06-29 22:02 | マンガ